強烈なスイッチが入って「糖質制限」をスタート。

糖質制限を始めたきっかけ

2016年4月15日から「糖質制限」をスタートしました。

きっかけは、母の病気(手術)です。
糖尿病を患っている母が、合併症で目の手術をしました。手術は初めてではないですが、今回は糖尿病との関連が強くて手術時間も入院日数も長かったです。

手術も入院もしたくないし、合併症にもなりたくない。
肉親の手術と入院を目の当たりにして、恐怖に包まれました。鈍い私に、神様が衝撃的な指導をしてくれたんだと思います。今ならまだ間に合うから…と。

スイッチが入った

母の病院に付き添った帰り道、帰宅して車を駐車場に置き、着替えもせずにそのまますぐに近所をウォーキングしました。ガウチョパンツとサンダルでしたが、居ても立っても居られず、夕闇の中を歩きました。あの日のことは忘れられません。

それが2016年4月15日。

その頃の健康状態

40代になって仕事量と責任が増え、残業と休日出勤があたりまえの数年間を過ごしました。

「偏頭痛」「湿疹」「不眠症」、人間ドックでは色んな臓器に指摘が入りました。職場の産業医からは7つほど病院(精密検査)を紹介され…。

「サラリーマンは病気の1つ2つ当たり前。みんな病気を抱えてるから」と先輩に言われ続けて、そうだよなと、自分に言い聞かせてました。

労働環境もひどかったけど、それよりも「仕事内容」に疑問を感じることが続いたので、意を決して、まだ元気のあるうちに「退職」しました。

ダイエットよりも健康

スタート時は「身長156.5㎝、体重56.4kg」。体重は標準体重を少しオーバーしたくらいですが、8年前は47kgだった体重が、およそ10kgの増加。体がとても重かったです。

丁寧に食べることが大事だとわかっていても、不摂生をするしかない毎日。ほんとに辛かったです。

早起き産直

いつも数値の悪かった血糖値を上げ過ぎないような食べ方を目指してやってみます。
少しずつ勉強しながら、健やかな食生活を習慣にしたいです。

仕事が忙し過ぎる方、不調続きの方、一緒に頑張りましょう!
できることから少しずつ整えて、人生を豊かに変えていきたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告