梅仕事@2016 今年は 『七折小梅(愛媛)』で小振りの梅干し作り。

毎年とても楽しみにしている「梅仕事」。
今年は、梅酒・梅ジュースはお休みで「梅干し」だけ作ります。

梅干し@2016『七折小梅(愛媛県)』

七折小梅2016

愛媛県砥部町七折地区の「七折小梅」。

小梅といってもわりと粒は大きめ(カリカリ小梅のようなのとは違います)。
七折小梅は種が小さく肉厚で、糖度の高さ、香りの高さが特長だそうです。

昔ながらのしょっぱい梅干し

七折小梅2

洗ってピカピカ。キンカンみたいです。

七折小梅で梅干し作り

私の梅干しは、減塩はせず「18%」。
昔ながらの梅干しを目指してます。

最初はしょっぱいけど、だんだん角が取れて丸い塩味になるし、常温保存OKです。

私の中での梅干しは、やっぱり「保存食」です。
日持ちする、白ご飯のお供。

重石は「ナイロン袋&水」にしてみました!

七折小梅で梅干し作り2

「梅&塩」の上に、重石変わりの「ナイロン袋&水」。
「赤い蓋」は袋ごとちゃんと締まってくれるという優秀さ。(中蓋は外してます)

昨年までは、漬物用のナイロン袋に梅を入れて、その上にペットボトル等を置いていましたが、けっこう梅がつぶれるんです。

なので今年は、梅に優しい方法で試してみます。

梅仕事には必ずこの「赤い蓋」のビンを使っています。
日本的というか庶民的というか…昭和レトロな感じで好きです。

土用干しまで待機

昨日ここまでして、今朝、梅の様子を見たら「梅酢」がもう半分くらい上がってました。
元気な梅です!ひと安心。

梅酢が上がらないことも、あるんですよね。
梅酢も後から料理に使えるので、楽しみです。

初の「七折小梅」での梅干し作り

梅干し作りを始めて、今年で7年目。
大体、南高梅か古城で作ってきたけど、大好きな映画『マザーウォーター』に出てくる梅干しが、ひと口で食べるのにとても良さそうな中くらいの大きさだったんです。それを見て中くらいの大きさの「梅」を探していました。そして七折小梅に出会いました。

大きい梅も、土用干しの最中に手にのせると温かいお饅頭みたいで可愛いですけどね。

梅仕事って楽しいですね。

梅仕事その後。

梅干し土用干し@2016スタート。空気が気になる場所でも工夫して干してます。
ようやく、「土用干し(梅干し)」に取り掛かりました。 梅干し土用干し@2016 梅酢から出てきた梅。 良い感じにやわら...
梅干し@2016完成「梅はその日の難逃れ」
今夏の大仕事が終了しました。今年の梅干しは上出来で大満足です。 『梅干し@2016完成』 数年前から使っている小さい容器...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告