「二十四節気」を参考に「梅雨」の養生。ハトムギ(ヨクイニン)は水分代謝を活発にしてくれます。

梅雨の時期はジメジメして過ごし難くなりますね。

雨が降ってくれることも有難いことなんですが、「湿気」が体調に及ぼす影響は大きいので、気を付けて過ごした方が良いです。

お天気に関しては『気象庁のHP』で把握できます(梅雨入りと梅雨明けなども)。

春夏秋冬+長夏=5季

五季は「春夏秋冬」+「長夏」です。

「長夏」は、晩夏~初秋の「大暑・立秋・処暑・白露」の4つの時期(節気)を指します。
一年で一番「雨」が多くて暑い時期。

日本と中国では時期がずれますが、中国でも黄河と長江の辺りで時期がずれます。なので「長夏」は雨の多い時期(暑い時期)と考えたら良さそうなので、「梅雨」の時期と見なして良いのだと思います。

梅雨の養生

「脾」の気が盛んになります(消化・吸収)。雨によって湿度が高くなり、脾気を傷めることが多く、脾を補養し、働きを強めます。

脾気の働きが落ちると、食欲減少、お腹が張る、疲れ、下痢等、内湿の症状が現れやすくなります。

この時期「甘味」が主味になり、脾気を養う働きがありますが、甘味は湿がたまりやすい性質を持っているので気を付けます。酸味ではなく辛味と合わせた方が良いです。

7128123fed51d72d1de3cf4c9b51e18a_s

韓国ドラマ「薯童謡(ソドンヨ)」に出てくる「湿病」

主人公が「オンドル(床暖房)」を発明するシーンがあります。

王様の病気が「湿病」だと気付いた主人公が、湿病対策として発明したものです。(実際の歴史とは異なるかと思います。ストーリーです。)

同時期に「湿病」になる民も多く、木の年輪を調べて、暑くて湿度の高い年に湿病が流行るということに気付きました。すごいですね。

「湿」って意外に、体調不良の原因になっているんですよね。

薏苡仁(ヨクイニン:ハトムギ)

利湿、建碑、補杯、清熱、排毒…。水分代謝が活発になるので、むくみやすい私は、よく料理に使っています。

カロリーは少々高めですが、タンパク質は良質のアミノ酸で形成されていて、新陳代謝作用が大きいです。

収穫時期はちょうど「長夏」にあたる晩夏~初秋。季節にあってますね。梅雨の時期だけでなく、1年を通して上手く摂取したい食材です。(※妊娠中は注意した方が良いと言われています)

ハトムギ入り野菜スープ

大体いつも、『 国産ハトムギ 玄麦粒』を使っています。わりと簡単に柔らかくなるので、スープやお粥に入れることが多いです。

このスープは化学調味料等使わず、「塩のみ」の味付けです。素材の味を感じることが出来て、本当に美味しいんですよ。

具材は季節のものを入れたらいいですよね。このスープは冬に作ったもので、材料は白菜・人参・鶏ミンチ・ハトムギ・塩です。

「二十四節気七十二候」とは。季節を知ることは健康の基本。
季節と言えば「春夏秋冬」ですが、春夏秋冬はもう少し細かく分かれます。 「二十四節気(七十二候)」をまとめてみました。生活暦として役...

私は、化粧水も『ハトムギ化粧水』を使用。ハトムギ茶も時々飲んでます。

似たような効能で『トウモロコシ』も脾や利尿への効果があります。「トウモロコシのひげ茶」は香ばしくて美味しいし、この時期に良いですよ~!
↓こちらは「スナックタイプ」のはとむぎ。けっこう美味しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告