糖質制限を始めてからのトイレ事情その3。お腹の調子はすこぶる良くなりました。

toilet_mark
糖質制限を始めて、ふと気が付けば…今まで気になっていた諸々の症状が無くなっていました。お腹に入る物も随分変わったので、改善されたんでしょうね。とにかくお腹が弱くて困っていたので、とても喜んでいます。

糖質制限でお腹の調子が変わりました

糖質制限を始める前は「お腹」がとても弱くて、いつも気にしてました。
制限なくガツガツ食べていたので、内臓が悲鳴をあげてるのも当然なんですが…(汗)。

私が困っていたお腹の悪い調子は「2つ」です。

1、慢性的な「下痢」の症状

急な「下痢」は本当に恐怖でした。
移動時になることが多くて、いつも「下痢止め」の薬を持ち歩いてました。色々試してみて、水なしで飲める薬が便利で愛用してました。精神的な負担が過多になると「神経性腸炎」になってトイレにかけこむことも。

私はやっぱり「水太り」なのか?常に下痢気味で、お腹を冷やすとすぐに軟便が出るので、便秘になることは無かったです。下痢との付き合いは長くて、薬との付き合いも長かったです(泣)。

2、お腹のゴロゴロや膨満感

お腹は常にゴロゴロ言ってました。
食後はしばらくゴロゴロ言いっ放し。いつもの事なので、もう恥ずかしいとも思わず…。

仕事を終えて帰宅したら、夜の解放感から炭水化物を中心に食べまくり。そしたら今度は「膨満感」。お腹周りが大木みたいに膨れてパンパン。すごく苦しかったけど食べるのは止められなかった。

改善しようと試みたこともありますが

腸内細菌・悪玉菌・善玉菌とか…自分なりに勉強して、オリゴ糖やヨーグルト・発酵食品を摂取するようにもしました。

だけど自分でもうすうす気付いてたんですが、薬を飲んだり食べ物を更に上乗せするのは誤魔化してるだけで、決定的な改善にならないんじゃないかと。

やっぱりどこかバランス悪くて症状が出てるので、根本解決が必要なんじゃないかと感じていました。

ふと気付くと、どの症状も消えてました

バッグにいつも入れている数種類の「薬」を整理していて、「あれ?最近、どの薬も飲んでないなぁ」と気付きました。

気になっていた「下痢」や「ゴロゴロ&膨満感」の症状が消えたようです。食べる物を見直したりストレスの原因を取り除いたことで、症状が改善したんでしょうね。

食べる量もストレスもほんとに多かったので、身体も苦しかっただろうな。
今、少し寿命が伸びたような気がしています。

1つ整えば、善循環で他も良くなっていくのでしょうね。

***

後日記ですが、この後「薬」を大量に処分しました。
もう、必要なさそうなので。

薬にはずいぶん助けてもらったので、感謝してます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告