『きゅうりがメインのスープ』低糖質を目指した料理

きゅうりが食べきれない時って、ありませんか?
さっぱり&コクのあるスープを作ってみました。

『きゅうりがメインのスープ』低糖質を目指した料理

きゅうりがメインのスープ

夏野菜をしっかり食べたいですが、暑いし傷みやすいんですよね。
この時期「きゅうり」をたくさん頂くことがないですか?
嬉しい悲鳴ですが…食べ切れなくて焦ります。

「きゅうり」をしっかり食べられるスープを作ってみました!
さっぱりしていて、コクがあって、美味しいですよ!

きゅうりがメインのスープ2

【2人分】きゅうり1本、鶏胸肉50g程度、豆腐100g程度、ベビーチーズ2個、鶏ガラスープの素小1、塩少々、水400cc  ※量は目安なのでお好きな量にしてください。

1、鍋に湯を沸かし、きゅうり(千切り)と鶏むね肉(小さめ)を入れる。
2、鶏ガラスープの素、豆腐(小さいサイコロ)を入れる。
3、ベビーチーズを入れる(溶けます)。
4、味を見て、塩を入れて調整する。

ベビーチーズじゃなくても、普通のチーズでも全然OKです。
「チーズ」が入っているから、コクが出て美味しくなります。
チーズの塩味があるので、塩を最初からあまり入れない方が良いです。

鶏肉からの出汁も出るので、スープの素も味を見ながら調整してください。

あまり調味料を入れすぎないように気を付ければ、適当に美味しくできます!
きゅうりがメインのスープ3

豆腐とチーズで、スープは白濁し、豆乳スープっぽくなります。

きゅうりと豆腐はさっぱり、チーズと鶏肉でコク。
意外に美味しいスープです。

きゅうりは体を冷やす効果があるので、冷え症の方は夏でも「きゅうりとトマトのサラダ」とか、冷やす系×2みたいな料理は少量にした方が良いです。

今夏はこの「きゅうりのスープ」で、体をあまり冷やし過ぎず、食材を大切に使い切りたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告