『心の片付け』を読みました。心を整えて部屋も食生活も整える。

『心の片付け』 著:熊木幸奈

直接「食べること」に関係なさそうな本ですが…大いに関係があると思っています。

『心の片づけ』 日常に平穏と幸せをもたらすカンタン瞑想のススメ

「瞑想のススメ」と書かれています。
はい。瞑想のやり方が書かれている本なんです。顕在意識とか、潜在意識とか、そういうことがとてもわかりやすく書かれています。

そして本をめくると、最初の文章はこんな感じで始まります。

あなたの部屋を見渡してみてください。

部屋は散らかっていませんか? …

部屋の状態は、心の状態をあらわしています。

お片付け本的な始まりですが、心の状態が部屋の状態に表れるので、そこをまずチェックしてみてくださいってことです。

瞑想のメリットの1つ「健康になり、美しくなる」

この本は、瞑想をすることによって「心の片づけ」をし、「本当の自分」を発見しようという内容です。

『瞑想で得られる12のメリット』の章の中に、「健康になり、美しくなる」というメリットが書かれてあります。

瞑想によって心が落ち着くと、自律神経のバランスがよくなります。特にリラックスした状態である副交感神経が働くことにより、血行がよくなります。心拍数や血圧を落ち着かせたり、胃腸の働きを整えたりするなど、生活習慣病を予防する効果があります。(p52)

食生活に関連することは、ほんの少ししか書かれてませんが、今日あれを食べたこれを食べた、ということよりも、まず、心がどれだけ落ち着いていたかが、食生活にも関わる大事なことなんだなと、感じます。

「心が落ち着かない場合、逆に部屋から片付けてはどうか」という提案がこの本にあります。心理を表すのが部屋なら、逆に部屋の片付けからしてみようと。物の整理整頓や掃除をしていると、じわじわと落ち着いてくること、ありますもんね。

私は、食生活が整うことによって、心や部屋も整うという「善循環」になりそうだなと思いました。何か1つでも出来ることから変えてみたら、芋づる式に変化していくのでは。

「生き方を変えたいなら、まず食べ物を変えなさい」と、アッコちゃんも言ってます。

『ランチのアッコちゃん』が一喝してくれます。人生と食べ方はリンクしている。
BSでドラマを観たのがきっかけで文庫本も読み、アッコちゃんから「食べること=生きること」を学びました。 『ランチのアッコちゃん』 ...

ただ…これは私自身の体験談からの思いですが…
人生には、「自分の衣食住」を後回しにしないといけない「嵐」の時期もあると思うので、そういう時は、後回しにする自分を責めない方がいいなと思います。頑張って踏ん張ってる時は、衣食住もめちゃくちゃになって当然。嵐の中で片付けても片付かないので、嵐が過ぎるのを静かに待ってから…かな、と。

この本は、部屋の片づけについてと、具体的な瞑想法について書かれています。
とてもわかりやすい言葉で書かれているので読みやすいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告