『キャベツと人参の塩炒め』調味料過多にならないよう塩だけ料理。

キャベツと人参の塩炒め

キャベツ、人参、塩、オリーブオイル、胡麻

最初にオリーブオイルで人参をじっくり炒めてから、キャベツを入れます。そして、味見をしながら「塩」を慎重に入れて仕上げます。

絶妙な塩味で仕上げるのはなかなか難しいですが、最高に美味しいです。

キャベツと人参の塩炒め3

「良質の塩は、摂取し過ぎても必要ない分は体から出るから大丈夫ですよ」と、芋畑のおじさまが教えてくれました。その方はたぶん「減塩ばかりに心を向けずに、体に薬となる良い塩を摂りなさい」と、とおっしゃったんだと思います。

胸に刻んでます。

調味料を食べているみたいな食事

調味料の味ばかりがする料理も多いですよね。
ソースやケチャップは、特にそんな感じがします。すごく美味しいけどw。

食材の味がしないほど調味料を入れてしまうと、カロリーや糖質・塩分もどんどんアップして然りですね。血糖値の上昇につながってしまいます。

なので、「さしすせそ」くらいの種類で調理するのが良いのかもしれないと、常々思います。
(さ:砂糖、し:塩、す:酢、せ:醤油、そ:味噌) これは使う順番ですけどね。

夏は塩分も必要になるし、人には必要な成分ですよね。

いつも「糖」のことばかりですが、今日は「塩」でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告