秋分の日。陰陽のバランスの良い日ですが注意も必要です。

syukujitsu14_syuubun_nohi

季節と共に過ごしておられますか?

私が薬膳の学校で勉強したことのおすそ分けをさせてください。
気候の良い時期って、意外に気を付けた方が良かったりします。

陰陽転化の時期

24節気的には、この秋分が「陰陽転化」になります。

先生によっては、「夏至・冬至」を陰陽転化と言われる場合もあるんですが、私は「春分・秋分」が転化の時だと考えています。 ※解釈の問題なので、どちらも間違いではないと思います。

秋分が陰陽±0で、そこから陰盛・陽減となっていきます。

***

「春分・秋分」は、陰陽のバランスが取れる時期です。「夏至・冬至」は、陰陽どちらかが究極に盛んな時期なので、暑い・寒いという感覚が最高の時期です。

「春分・秋分」は、陰陽のバランスが取れているから、過ごしやすくて大丈夫と言われる説もあるんですが……私が習ったのは、この時期こそ「気を付けて過ごす」ということでした。

調節が難しい時期

確かにこの時期(秋分)って、衣服・布団・空調の調節が難しい時期だと思いませんか?
はっきりしない気候なので、調節がわりと難しいんです。

カーディガン1枚羽織るか、大布団を出すか、空調を付けるほどでもないけどまだ暑さを感じる…など、きっと悩まれると思います。

そしてこういう調節に悩む時期に、体調を崩してしまうのです。

毎年、一年の内に何度か「声が出なくなる」知人がいるんですが、数年間観察してみたら「春分・秋分」辺りでした。これにはちょっと驚きました。

過ごしやすい時期だけど、調節が難しいと把握しておけば、それなりに心づもりが出来て、対応も出来ると思います。

「夏至・冬至」「春分・秋分」を上手に過ごすこと。

「夏至・冬至」の頃は、すごく暑いか、すごく寒いか。陰陽どちらかがピークなので、この時期も要注意ではありますが、暑いか寒いかはっきりしているので、対応の仕方もわかりやすいです。

「春分・秋分」の頃は、陰陽のバランスが取れて過ごしやすい時期ではあるけど、調節に迷う時期です。

この、1年の内に4回ある、陰陽の「特徴」が最もよく表れる時期を覚えておいて、この時期を意識して上手に過ごせば、健康の維持につながると思います。

私は薬膳を勉強する中で、この「季節(24節気)」の勉強が一番面白かったです。初めて興味を持てたのは、自分の生活や健康と密接だとわかったからです。こういう大枠の中で生かされてるんですよね。

***

「秋分」は、エネルギーも自由に活発に動ける時。なので、良い気分で願い事を思い浮かべながら過ごすと良いと思います!

心も体も健康に過ごすには、季節を意識することもとても大事ですね。
ちょっとだけ気を付けながら、この過ごしやすい時期を満喫したいです。

「二十四節気七十二候」とは。季節を知ることは健康の基本。
季節と言えば「春夏秋冬」ですが、春夏秋冬はもう少し細かく分かれます。 「二十四節気(七十二候)」をまとめてみました。生活暦として役...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告