血糖コントロールに役立つ食べる順番「3つ」

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s

食べる順番は大事だとよく聞きます。急な血糖値の上昇を抑えることは、脂肪として溜めこまれる糖の量を減らすことになるようです。

血糖コントロールに役立つ食べる順番「3つ」

食べる順番を変えるだけ。「食べる順番ダイエット」という方法もあるくらい、順番は大事なのでしょう。

1.最初に「野菜・きのこ・海藻(食物繊維)」を食べる

最初に食べるのは、野菜・きのこ・海藻類。
食物繊維が豊富に含まれている食材から食べて行くのがコツ。糖の吸収が穏やかになって、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる。食物繊維を上手に活用するということ。

food_eiyou6_syokumotsu_seni

2.次に「肉・魚・卵・豆類(たんぱく質)」を食べる

次に、たんぱく質を多く含むおかずを食べる。
ゆっくりよく噛んで、しっかり食べておくことが、次の主食をガツガツ食べる防止策となる。

food_eiyou3_tanpakushitsu

3.最後に「主食(炭水化物)」を食べる

穀類・イモ類等の炭水化物は最後に食べる。

food_eiyou1_toushitsu

※「果物」に関しては両論あり

野菜と同じで糖の吸収が穏やかだから、GI値が低いから、食物繊維が豊富だから、食事の最初に食べた方がよいと言う考え方と…果糖は血糖値を上げるので、食事の最後に食べた方がよいという考え方があります。

私はこれは、食べる「時間帯」や「量」にもよるし、果物の「種類(糖質量)」にもよると思います。

野菜や果物の糖度がどんどん増えて、野菜にも糖質量がすごく高いものがありますよね。あまりに甘さを感じるものは、量を減らすか、後回しが良いように個人的には思います。

食物繊維 → たんぱく質 → 炭水化物

覚えておくのはこの順番だけなので簡単です。
大体これに照らし合わせると、食べる順番が見えてきます。

***

血糖値なんて全く他人事でしたが、食べ物が豊かになり過ぎたせいもあるのかどうか、最近は「子ども」でも気を付けた方が良さそうですね。

安定した血糖値で食べることの意識は、健康の秘訣のようです。

食べる順番も侮れません!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告