2016年9月の食費。統計データを参考に「節約」を考えてみる。

10月になったので、9月の食費を計算してみました。
秋の夜長を楽しむための飲み物系を色々買ってしまって…
思ったより出費がありました。

2016年9月の食費は18,000円でした。

9月の食費は「18,000円」でした。
焼酎やコーヒー豆を買ったのが響いたかと思います(汗)。
コンビニもよく行った。

4月からの食費はこんな感じです。

4月:15,000円
5月:19,000円
6月:14,000円
7月:19,000円
8月:17,000円

糖質制限用の調味料等を買った時や、お米やお酒を買った時に増えますね。
何度も書きますが、3月まで(在職中)は30,000円越えることが多かったので、かなり減っています。

年末に向けて食費はアップする傾向です。

総務省統計局のデータを見て見ました。

「単身世帯」と「2人以上の世帯」の食費から、年末に向かって食費が上がって行く傾向があることがわかります。

単身世帯の食費(総務省統計データ)はこんな感じ。

2015年の統計データ(単身世帯の食費(ひと月))です。

●1~3月:37,579円
●4~6月:41,324円
●7~9月:39,960円
●10~12月:42,534円

2012年から2016年の現在までのデータが出ているんですが、
どの年もだんだん増えています
2015年は7~9月が少し減ってますが、次の3か月は一番多いです。

年末に向かって食費は増える傾向にあるってことですね。

1日が約1,345円になります。

上記2015年の単身世帯の平均は40,349円(ひと月)。
それを30日で割ると約1,345円(一日)です。

house_people1

2人以上の世帯の食費(統計データ)はこんな感じ。

2015年の統計データ(2人以上の世帯の食費(ひと月))です。

●1~3月:67,697円
●4~6月:70,524円
●7~9月:72,150円
●10~12月:77,004円

単身世帯と同じく、年末に向けて食費は増加しています。

1~3月が低いということは、寒い時期が低いというわけでもなさそうですね。

1日が約2,395円になります。

2人以上の世帯の平均は71,844円(ひと月)。
それを30日で割ると約2,395円(一日)です。

house_people2_couple

データを「節約」の参考にしてみる。

★食費節約の基準として役立てる

こういうデータを「食費節約」の基準として役立てるのも良いかと思いました。
単身だと1日約1,345円、2人以上の世帯だと約2,395円だから、そこを上限にして少しずつ下げてみるなど。

★年末に向かって引き締める

10~12月は1年で一番、食費の出費が増えるという結果なので、そういう時期なんだと把握して、引き締めることができますよね。食べ物の誘惑が多い時期でもあるので、心とお財布を固めにしたいです。

まとめ

食費は住んでいる場所や労働環境も多いに影響するでしょうね。
単身だと外食の回数も多くなりそうだし。

このデータ、私が思っていたよりも食費にお金がかかるんだなぁと驚きました。
単身ひと月42,000円ってすごい。
朝昼晩470円のお弁当ってくらいの金額です。

たまにはお金のこと気にせず食べたい時もありますけどね。
コツコツと小さく貯めて、たま~に大きくドドンと使うのが楽しみです♪

10月も無理し過ぎないように、節約していきたいですね!
あーだけど新米とか出て来たので、旬の物はやっぱり食べたいですよね~!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告