リバウンドしない食生活が身に付いているかどうか。

My体重計

体重はある程度減ったけど、減った体重を「維持」するのが難しいのだと思います。
リバウンドをしない食生活が、自分の身についているのかどうか気になります。

リバウンドしない食生活が身に付いているかどうか。

毎朝かかさず体重を計ってましたが、1ヶ月程前にやめました。
体重計の数字に頼らなくても、自分を律していけるかというチャレンジです。

良い食べ方が自分に身についていれば、数字を見なくても体重増えないんじゃないかと。

2016年4月15日に糖質制限をスタート(56.4kg)。
6月12日にマイナス5kgを達成(51.4kg)。

その後はこの体重を維持している状況です。

1ヶ月経ったので計測してみました

1ヶ月振りに体重を計ってみました(2016年10月10日起床直後)。
トイレも朝食も未だの状態です。

ちょっと気になる数字もありますが、そのままアップします。
果たして体重は増えているか?減っているか?

……

●体重:51.4kg

20161010体重

●BMI:21.0

20161010BMI

●体脂肪率:29.3%

20161010体脂肪率

●筋肉量:34.3kg

20161010筋肉量

●内臓脂肪:4.5レベル

20161010内臓脂肪

●基礎代謝量:1062kcal/日

20161010基礎代謝量

●体内年齢:42才

20161010体内年齢

体重はキープできていました。ほっ。

マイナス5kgのまま維持。6月15日にマイナス5kgを達成したので、およそ3ヶ月間、この体重を維持できていることになります。

食べ方も少しは習慣になってきたのかな。

体脂肪率が気になる

体脂肪って「敵」のような感じですが、実際は生きて行くために必要なもの。
減らし過ぎてもどうかと思いますが、私の29.3%は標準内ではあるけど、もう少し締めたいところです。筋肉量ももうちょっとUPさせないと…。

標準体重はヘルスケア大学の↓こちらの記事がわかりやすいです。

理想的、つまり適正な体脂肪率は、性別・年齢によっても異なります。厚生労働省が発表している体脂肪率に関するデータと、性別・年齢別の標準値について、ドクターの監修のもと解説します。

***

体重を計らなかった1ヶ月は、体の重さや、ライン(ないけど)などの確認をよくしました。

自分でする視診や触診も大事だなと思いました。少し食べ過ぎると、内臓が重い感じがするし、トイレでも何かとお知らせが来たりします。

自分で自分のことを気付くためには、いつもニュートラルでいることかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告