血糖値の安定がダイエット&筋肉量増加につながる。

血糖値とダイエットについて、私でも簡単に理解できたことをおすそ分け。糖質制限をする際、血糖値のことも意識するとわかりやすいと思います。

血糖値のコントロールで痩せるということ

以前、動画で観たことのウケウリですが。
「血糖値と糖質制限」がさっぱりリンクしていなかった私にもよく分かったので、図を描いてみました。この仕組みがわかってから、ダイエット&体作りのモチベーションが上がりました。

血糖値を上昇させ過ぎると太る

糖質の多い食事をすると、食後の血糖値が急上昇し、そして反動で下がります。
上下の基準値をオーバーすると食べたものは「脂肪」になります。

脂肪グラフ

上下です。脂肪に変わるチャンスがいっぱい。

血糖値を安定させていると筋肉がつく

血糖値を上昇させなければ、「筋肉」を作る範囲でおさまる。

筋肉グラフ

脂肪に変わらない範囲に抑えること。
血糖値を急激に上昇させるのは「糖」。他の食材も上げるけど糖ほどではなさそうです。

だから糖質制限をすると血糖値が大きく振れないし、食べたものも筋肉に変わる範囲内。
「糖質制限・血糖値・ダイエット」はリンクしています。

血糖値を安定させれば運動の効果もアップする

「食べ過ぎ」を続けながら運動しても、あまり意味が無いってことがわかります。
脂肪を作り続けながら、少々ウォーキングしても効果は出ないですよね。

だけど、血糖値を安定させて筋肉に変わりやすい状態の時に、ちょこちょこと運動をすれば、筋肉増加を助けて、運動の効果も表れるってことです。

body_builder

やっぱり食べ方が基本! 体に入れるものの量と質を考えると確実に痩せるのでしょう。
それにプラスαで、しっかりした体作りをしていきたいところです。

***

「糖」はどうしても、オーバー摂取気味になってしまいますよね。
食生活が整ってきた今でも、簡単調理の炭水化物に偏りがちになります。朝昼は、パン・ご飯・麺を食べてますが、夜だけは控えることを死守しています。

細マッチョに憧れます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告