「二十四節気」を参考に「冬」の養生。食事&生活で気を付けること。

冬景色

季節に応じた過ごし方(生活)って、生きることの基本のようであまり把握してませんよね。寒~い「冬」も、過ごすのにはやはりコツがあると思います。季節の特徴をつかんで上手く過ごしていきたいものです。

暦の上での冬とは(二十四節気)

冬は、「立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒」の3ヶ月です。

【二十四節気】 ※太字下線が「冬」

「立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒」⇒ 立春へ

冬の特徴:寒くて乾燥している。
寒気によって気血の循環が悪くなり、一年で最も過ごしにくい季節。
日照時間が少ないので、陽気を大事にしたい時期です。

season4_fuyu

冬の養生

五臓は「腎」
五味は「鹹味」
五行は「水」

冬は「腎」の働きが活発になります。
腎は五臓の中で最も重要な臓器で「先天の本」と言われます。親から受け継いでいる精は腎に貯蔵されていて、これが健康の源になっています。

冬に気を付けること

●子ども・女性・老人は特に「保温」に気を付ける。
●適度な運動をして、体質を強くし抵抗力を高める。
●感情コントロール・ストレス解消で、精神的安静を保つ。

冬は身体を休ませる時期

冬は「閉蔵(へいぞう)」の季節。
万物の生機(せいき)が閉じこもる。
至る所で川が凍り、地が裂け、天の陽気は万物から遠ざかる。

夜は早く寝、
朝はゆっくりと起き、
日の出日没に伴って起居すべきである。

欲望を潜めながら、すでに遂げたような満足感を保つ。
体内の陽気を洩らさないように、寒い刺激を避け、体を暖かく包む。

これに背くと、腎気が傷む。
すると翌春に足がしびれ、腰が曲がる病気になる。(『黄帝内経』より)

冬至について

一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短いのが「冬至」です。色々と専門的なうんちくもあるようですが…。

陰の気のピークの時で、陽の気は地下で動き始めます。なのでこの時期を、陰陽転化という場合もあります(私は「春分・秋分」が転化だと思っています)。

冬至というと「柚子湯」「かぼちゃ」…「小豆粥」ってところでしょうか。「ん」の付く物を食べると運が向いてくるという風習を持つ地域もあるようです。

新年を迎える前に運が付くって、何か良いですね♪

pumpkin秒読み

おわりに

冬は「保」や「蔵」という漢字が似合ってると思います。保温とか貯蔵とか…攻めじゃなくて守りの時期ってニュアンス。動物も冬眠して体を休ませるし、植物も葉を落として休んでます。人間も大切な機能を守りながら、春を待つ時期ですね。

季節によって生活の仕方は変わって当然。だから冬は、出勤や登校時間も少し遅くしたらいいのにな~っていつも思います。

大イベントが続く冬は、食べ物にもいつも以上に気を付けたいところです。誘惑多し!

「二十四節気七十二候」とは。季節を知ることは健康の基本。
季節と言えば「春夏秋冬」ですが、春夏秋冬はもう少し細かく分かれます。 「二十四節気(七十二候)」をまとめてみました。生活暦として役...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告