年末年始こそ糖質オフで食もイベントもしっかり楽しみたいですね!

12/16のTV番組『その原因、Xにあり!年末年始太らないSP』で「糖質60%オフ!クリスマス&お正月裏ワザレシピ」というのをやってました。

具体的でわかりやすかったので、ゆるゆると記録しておきたいと思います。

年末は気を緩め過ぎてしまいそうで…どこまで自分のお箸をコントロールできるか(汗)。

角砂糖70個が3倍の210個に

主な栄養素「たんぱく質・脂質・糖質」で一番摂取量が多くなってしまうのが糖質。普通に食べたらそうなりますよね~。角砂糖換算で1日約70個の摂取となるらしい。ぞぞっ。

それが年末年始に食べ過ぎると糖の摂取量が3倍になって角砂糖210個分になると。もう、角砂糖の量が多過ぎてピンと来ません…w。

脂肪細胞に至る過程

体内で、余った糖が脂肪になっていく過程を駐車場に例えて説明されました。

糖が車で…先ずは脳や筋肉で一定量が使われたあと、余った糖は、第一駐車場:肝臓(糖はグリコーゲンになる)へ行き、更に余ったら第二駐車場:筋肉(グリコーゲンになる)へ行き、更に余ったら第三駐車場:脂肪細胞(中性脂肪になる)に行くということです。

糖が多い材料を少なくして他の材料で補う方法

クリスマスメニューの糖質を6割オフするレシピが紹介されました。

マヨネーズソースをカルパッチョに、
ピザ生地をパン生地からクリスピー生地に、
フライドチキンをローストチキンに、
エビフライをシュリンプカクテルに。

具材を多くすると満足する!ということで、
フライドポテトを温野菜サラダに、
コーンスープをミネストローネに。

アルコールは、
シャンパン×赤ワイン
で糖質オフにって言われてました。

TVを見ながらの覚書です。番組公式サイトに詳しく書かれています。

お雑煮の工夫

お正月にお雑煮は食べたいですよね~。でも”おもち”が…ってことで、番組内で「おからもち」の作り方を紹介されました。こちらも糖質6割オフになるようです。

お正月じゃなくても一度作ってみたい感じです。牛乳は豆乳でもいいような気がしますが…作ってないので断言できません。

【おからもち】

材料:おから100g、牛乳100cc、片栗粉大さじ5~6

1おからに片栗粉・牛乳を加える
2全体になじむまで混ぜ合わせる
3しっとりしてきたら切り分ける
4丸く成形する
5油で両面をキツネ色になるまで焼く

おわりに

ゆるゆるとTVを観始めて、だんだんと前のめりになって必死で観てました。

それにしても楽しい時期の到来ですよね。クリスマスケーキ・チキン・忘年会・年越しそば・おせち・お雑煮・新年会・お酒…。私はカニを食べたい。

楽しい気分はそのままで、上手に食べて太らないように少しずつ工夫すればいいんですよね。それも含めて楽しまねば、せっかくの目白押しのイベントが勿体ない。

良い気分で食べることが一番!「気」の巡りが悪いのは不健康ですよね。

関連記事:⇒「気血水」のバランスが整っている状態が「健康」。3つは相互に動かし合っています!

それではみな様、良い気分で日曜日をお過ごしくださいませ♪

こちらは今日はポカポカ陽気です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告