食器の色を変えてみるという課題にとり組んでみました。

大学の課題で「色彩」の科目を受講しています。

課題はたくさんある中から、自分でいくつか選びます。私は「食器の色を変えてみる」という課題を選んでみました。同じ料理を違う色のお皿に盛ってみたらどんな感じかを探る課題です。

食器の色を変えてみる

百均で「紙皿」を買ってきて、絵具で塗るところから始めました。
8色のお皿を作りました。

近くのスーパーで「モデル食材」を購入。
「コロッケ」にしようと思っていたら、隣りの「串カツ」が半額だったので、串カツにしました。そして、串カツ(野菜添え)を色んな色のお皿にのせて一眼レフで撮りました。昨年、amazonで買っといた「三脚」が初めて役に立った。

【Amazon.co.jp限定】 Fotopro 三脚 DIGI-204 GM 4段 小型 3WAY雲台 アルミ製 ガンメタリック DIGI-204GM

串カツ意外にも、「甘い物」と「ジャパニーズフード」でも撮りました。成績がつくので、色々頑張りましたという意欲を見せたくて。

***

なかなか面白い実験でした。

「食べ物」の色や「机」の色、「照明」具合も影響しました。よって、どの色の食器が良いかは、他の色との兼ね合いとなります。

ですが、私的には「黒」いお皿がわりとどの料理も引き立てるかな?と感じました。ほんと、食べ物によりますが…黒いお皿は買ってみようかなって思ってます。

***

ちょっと気忙しくて、今朝の朝食。
意外とこういうのが美味しかったりします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告