ビスケットをラップで小分けに。「食べ過ぎない」と「我慢し過ぎない」の間の工夫。

ビスケットの小分け

コーヒーやお茶のお供に、ちょっと甘い物が欲しいです。

無意識だと食べ過ぎてしまうので、時間がある時はTVとか観ながら「小分け」にしてます。

小さ目のビスケットを2枚ずつ「ラップ」で包んで、冷凍保存用の袋に入れて「冷凍庫」へ。

個包装のものを買うこともありますが、個包装にされるくらいのお菓子って、ちょっと糖質高いんですよね。なので、「糖質」控えめそうなシンプルなビスケットをみつけたら、自分で小分けにして個包装にしています。時間のある時は、です。

食材を分ける作業、嫌いじゃないんです。

アイスコーヒー(調整豆乳、砂糖なし)とビスケット。

2枚にしましたが、1枚しか食べないことも多いです。ビスケットが1枚あれば、コーヒーは甘味なし。

大袋を開けると「早く食べないと湿気る」という”勿体ない思い”に急かされるので、小分けにしておいて、少しゆっくり食べるという自分なりの工夫です。

それと、食欲がない時にちょっと口に入れて甘味を感じるのにも、役立ってます。食欲のない「朝」とかも、お腹に何か入れると、体も脳も起きる気がするんですよね。外出時に持参するのにも役に立ってます。

おやつを「食べ過ぎないように」&「我慢し過ぎないように」やっている、私のちょっとした工夫ですが…時間のある時だけですw。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告