「暑中お見舞い・もも・プチトマト・麺半分・レポート」

このところ人と会うことが多くて、切り替えスイッチに時間のかかる私は、少々疲れています。こういうのにタフじゃない自分って、自分を可愛がり過ぎなのかな?って思います。

最近の思い出・写真日記

暑中お見舞い・桃・プチトマト色付く・中華麺は「半分」で糖質対策・余談

暑中お見舞い

夏が暑いのは仕方ないので、上手に体調コントロールして、開放的な夏を楽しみたいものです。みな様、ご自愛くださいませ。

晴れの国おきゃーまの特産品は「桃と葡萄」。
県外に行った時には、何故か葡萄の話ばかり。ピオーネという名前は出てこず、「岡山の葡萄は美味しいね~」って言われることが多い。

白桃とピオーネは、本当に美味しい。器量の良いものは人にあげて、家で食べるのは少々ワケあってもOK。汁が滴る白桃は、台所で立って食べるのが醍醐味。とか言いつつ、上記の写真の赤い2つは香川県産の桃。手前の白いのは晴れの国産。

桃はちょこちょこ頂くので、だいたい部屋にはフレッシュな桃の芳香が充満していて、癒されます。ピチピチ果物の香りはエネルギーもパツパツ。

プチトマト色付く

プチトマトが、やっと赤くなりました。つやつやして綺麗。
収獲して1つ食べました。自分で育てたトマトは何だか味が濃い気がする。今年も鈴なりではないけど、美味しい。

中華麺は「半分」で糖質対策

冷やし中華はじめました♪
糖質対策で、中華麺を「半分」にして、野菜と鶏肉(ササミ)を多めにしています。
1人分の麺量は少々多いので、半分にして食べることは多いです。ちょこちょこ工夫。

残りの半分は、カツラーメンに↓。

もやしも入っているので、麺半分でも満足しました。
スープは自分で適当に作ったら、なかなか美味しくできました。

レポート

これからレポートをまた1つ作成します。

子どもから大人に変わる辺りの心理的変化について書こうと思ってますが、色々調べていると、そんな境目あるのかな?って、わからなくなってきました。

ある方が、そのことと「食生活」との関連性についての論文を書かれていました。私には説明できないけど(汗)、結局のところ、小難しく考えずに、新鮮なものを美味しく適量食べることを基礎にすれば、わりと色んなことが上手くいくのではないかと思いました。

だけど、そう簡単に上手くいかないのが「食生活」。
だからこそそこに、その人のストーリーが生まれてくる。

今度のレポートには、そんな感じのことを書いてみようと思っています。
食生活もレポートも、なかなか思い通りには実践できませんが、まぁそれも私のストーリー。楽しんで書き上げようと思います。

ではでは、今日も機嫌よくやりたいですね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告