「二十四節気七十二候」とは。季節を知ることは健康の基本。

季節と言えば「春夏秋冬」です。
そして春夏秋冬はもう少し細かく分かれていきます。

そこで「二十四節気(七十二候)」をまとめてみました。
これは生活暦として役に立つし、季節を愛でる基礎知識となります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

二十四節気とは

読み方は「にじゅうしせっき」です。

季節と言えば「春夏秋冬」の4つですが、更に細かく分かれています。
単純に言えば、ひと月に2つずつの季節名が付いているってことです。

「立春・立夏・立秋・立冬」
「夏至・冬至」
「春分・秋分」

この8つは聞き慣れた季節名ですよね。
この8つを加えての、24の季節名があるのです。

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。二十四気(にじゅうしき)ともいう。
(Wikipediaより)

二十四節気(節区切りの「立春」からスタート)

「立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒」⇒ 立春へ

2月頭頃の『立春』が「節区切り」となります。
季節の1年のスタート。

「四立」

二十四節気を「春夏秋冬」で分けると次のようになります。

立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨
立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑
立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降
立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

「立」のつく二十四節気から、春夏秋冬の季節がスタートしていることがわかります。

「四立(しりゅう)」という呼び方をします。

「二至二分」と「八節」

更に解析すると、「春分・秋分」「夏至・冬至」は、季節の真ん中にあることがわかります。

「二至二分(にしにぶん)」という呼び方をします。

立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨
立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑
立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降
立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

こうして表にしてみると、よくわかりますよね。

四立と二至二分を合わせて「八節(はっせつ)」と呼びます。

「節気」と「中気」

また、「節気」と「中気」にも分けられます。

立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨
立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑
立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降
立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

赤字が「節気」、黒字が「中気」です。

七十二候

七十二候は、二十四節気を更に「初候」「次候」「末候」の3つに分けたものです。
二十四節気を約5日ずつに分けています。
四季 二十四節気 初候 次候 末候
2月 立春 東風解凍 黄鶯睍睆 蟄虫始振
雨水 土脉潤起 霞始靆 草木萠動
3月 啓蟄 蟄虫啓戸 桃始笑 菜虫化蝶
春分 雀始巣 桜始開 雷乃発声
4月 清明 玄鳥至 鴻雁北 虹始見
穀雨 葭始生 霜止出苗 牡丹華
5月 立夏 蛙始鳴 蚯蚓出 竹笋生
小満 蚕起食桑 紅花栄 麦秋至
6月 芒種 螳螂生 腐草為蛍 梅子黄
夏至 乃東枯 菖蒲華 半夏生
7月 小暑 温風至 蓮始開 鷹乃学習
大暑 桐始結花 土潤溽暑 大雨時行
8月 立秋 涼風至 寒蝉鳴 蒙霧升降
処暑 綿柎開 天地始粛 禾乃登
9月 白露 草露白 鶺鴒鳴 玄鳥去
秋分 雷乃収声 蟄虫坏戸 水始涸
10月 寒露 鴻雁来 菊花開 蟋蟀在戸
霜降 霜始降 霎時施 霎時施
11月 立冬 山茶始開 地始凍 金盞香
小雪 虹蔵不見 朔風払葉 橘始黄
12月 大雪 閉塞成冬 熊蟄穴 鱖魚群
冬至 乃東生 麋角解 雪下出麦
1月 小寒 芹乃栄 水泉動 雉始雊
大寒 款冬華 水沢腹堅 鶏始乳

五節句

「五節句」も季節の節目の行事です。各節句には「節句料理(御節句)」をいただきます。おせち料理の名前の由来です。五月人形や雛人形は「節句人形」と呼ばれます。

1桁の奇数月なので、覚えやすいです。

人日(じんじつ)の節句 1月7日 七草の節句 七草粥
上巳(じょうし)の節句 3月3日 桃の節句・ひな祭り 菱餅・白酒
端午(たんご)の節句 5月5日 菖蒲の節句 菖蒲湯・ちまき・柏餅
七夕(しちせき)の節句 7月7日 たなばた 素麺
重陽(ちょうよう)の節句 9月9日 菊の節句 菊酒

五節句は陰陽五行由来で、陰陽五行では奇数が「陽」となります。陽(奇数)が重なると強くなりすぎるので、取り払うための行事が節句です。

中でも「9」は1桁の中で一番大きな数字です。なので「9月9日」は最も気を付ける日となり、陽が重複するので「重陽」と呼ばれます。

菊は中国原産で、中国で大切にされた花です。

余談ですが、中国では「梅・蘭・竹・菊」は古くから愛されており、「四君子」と呼ばれています。

おわりに

数年前、薬膳を勉強していた時に、最初のスクーリングで「季節」のことを勉強しました。

先生がホワイトボードに二十四節気名をさらさらと書かれたのが印象的で、陰陽の図説もとても美しくて感動しました。

私たちは大宇宙・大自然の中に生かされているんだということを、しみじみと感じた授業でした。季節を知ることは、生きる上での重要な基礎。自分は「人間」という生物なんだということを思い出します。

衣食住の前に季節がある。
二十四節気(七十二候)を知ることは、健康管理の大きな助けになると思っています。