保存食『酢生姜』2017夏。これさえあればの私の定番保存食。

酢生姜を作りました。これがあると、何かと便利です。

保存食『酢生姜』2017夏

先日、産直で100円でGetした生姜です。
皮をむいて「お酢」に漬けるだけの簡単保存食。しかも色々使えて便利。

材料:生姜、酢

「水」を入れないように気を付けています。生姜は洗ってよく乾かしてから皮をむきました。むいた後は水洗いなしで。

厚めに切って、ひたひたのお酢に漬けました。以上で完成。

昨年はもっと白い生姜で作っています。あれはキレイだった。
今年の生姜は少し色が濃いので薬効強そう。作業中とっても良い香りでした♪

私の定番保存食『酢生姜』。生姜の保存法はこれが一番好きです。
1年に2回くらい「酢生姜」を作ります。 体にも良いし、冷蔵庫でわりと長く保存できるので助かります。 保存食『酢生姜』2016夏(...

瓶に入れて冷蔵庫で保存。あ~早く使いたい。

漬けた「お酢」も使う

・「サイダー(甘い)」に、酢生姜のお酢を入れる。
・冷やし中華のタレの材料にする。
・サラダのドレッシングの材料にする。
・きゅうりの浅漬けに使う。

などなど。生姜を使いながらお酢も使うので、上手いことなくなります。

『酢生姜』の保存期間

※あくまでも個人的な興味からの実験です<(_ _)>。おススメとかではありません。

実験的に、昨年(2016)の夏に仕込んだ酢生姜を、冷蔵庫で1年間保存してみました。

1年間ちょこちょこ食べながら試してみましたが、大丈夫な感じです。生姜もお酢も強そうですもんね。1年後の今も、ほぼビジュアルは変わらず。少々表面がふにゃっとしてますが、生姜の繊維が多いので中はしゃりしゃり(?)してます(薄切りではなく、大き目カットにしています)。

だけど、ちょこちょこ使うと「衛生面」も気になるので、やっぱり早めに使って、また次を作るのが良いと思います!

***

生姜の保存法は色々試してきて、酢生姜に落ち着いています。
生姜は常においておきたい食材なので、これを作っておくと何だか安心します。

今日はさっそく薄切りにしてお醤油を少しかけて、白いご飯のお供にしたいです。
今夏もこれで、乗り切れそうです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告