『たまごのパンとスープ』のお昼ごはん。アレンジして『チキンカレー』の夕方ごはん。

・たまごマヨパン
・野菜スープ

以前レビューした『それからはスープのことばかり考えて暮らした』をまた読みました。
読むと、パン&スープを作りたくなる。この小説は、とても素敵なストーリーです。

小説『それからはスープのことばかり考えて暮らした』糖質制限の弊害を感じた…w。
「サンドイッチとスープ」が出てくる小説です。 何だかこの小説は印象深くて… 読み終わってから1ヶ月くらい、頭の中に残っていま...

以前は糖質制限真っ最中!だったので、サンドイッチに少々抵抗を感じながら読んでましたw。読む時の状況って読み方にすごく影響しますね。

今でもパンはやっぱり小さめです♪

丸い大きなパンを自分で切ったものです。さほど大きくはない。
入り卵をのせて、マヨネーズをかけて、トースターで焼きました。

パンのかりかり部分が多くて、すごーく美味しかったです。

そしてこのお皿は、「レンジで魚が焼けますよ」っていうお皿ですが、関係ない料理でも使ってます。薄いグレーで気にいってます。

簡単な野菜スープ。

「じゃがいも・たまねぎ・人参」を切って、レンジで加熱したあと、作っておいたチキン味のスープに入れて少し煮ました。あえて肉類を入れず。

形を保っていますが、じゃがいもはとろとろです。たまに無性にじゃがいもを食べたくなります。

パンとスープって、最強の組み合わせの1つですね。

↓こちらの小説も読むと作りたくなる。続編も読んだのでまたレビューしたいです。

小説『パンとスープとネコ日和』
食べ物が出てくるストーリーって、読書が進みます。 食べ物が魅力的に描かれていると、ものすごく楽しく想像を膨らませながら読めるんですよね...

『チキンカレー』の夕方ごはん(スープをアレンジ)

上記の野菜スープをカレーにしました。

鶏肉をフライパンでこんがり焼いて、野菜スープに入れて、カレールーを入れました。鶏肉をしっかり焼いているとき、たまらない香りでした。

ごはんはいつもの100g。

そして、夜お腹がすきそうなので、「豆腐」と「キャベツのお浸し」を準備してます。

こちらは今日は、ど~んよりした空模様。
私も少しど~んよりすることがあったんですが、ごはん作って食べたら元気になりました。

ごはんよ、エネルギーをありがとう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告