急いで作った『カレー』の夕方ごはん。現実とファンタジー。

突然食べたくなるのがカレー

もう、食べるしかないですよね。マッハで作りました。

材料:豚ブロック、人参、玉ねぎ、じゃが芋、ニンニク、カレールー、油

「早く食べたい」けどやっぱり「美味しく食べたい」の狭間で作りました。

1、野菜は電子レンジで火を通しておきました(3分)。
2、鍋に油とニンニクのみじん切り、豚ブロック肉(カット)をしっかり焼く(2分)。
3、加熱済みの野菜を入れて炒める。水を入れてしばらく煮る(5分)。
4、ルーを入れて、時々混ぜながら煮る(10分)。

急いだけど、なかなか美味しく完成しました。
電子レンジ加熱の下ごしらえは便利ですね。おでんの「大根」もそうしています。

ご飯はいつもの100g。

 

子どもの頃はスープみたいなサラサラカレーだったから、それが実家のカレーだと思っていたら……最近は実家でも濃厚カレーになりました。思い出の実家の味が…消えた…。意外に母は柔軟だった。

らっきょうは今夏母作。美味しいです。

現実とファンタジー

この土日(23・24日)は「おもちゃ・チキン・ケーキ」がいっぱい売れるんでしょうね。「宝石」もかな?

サンタクロースが来るって、すごく素敵なファンタジー。大人にだって来ますよ。おもちゃじゃない、何かが届けられる。

現実とファンタジーって、別ものみたいだけど合うんですよ。
カレーとご飯みたいに、合わさったらすっごく美味しいんですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告